素人のエアコン掃除と業者のエアコン掃除の違い

私はこのブログでは自分の力で掃除や衛生保持ができるかということ色々紹介しています。例えば、ダイキンの空気清浄機を分解洗浄をしてみたという記事や、結露テープの上手な剥がし方など、あくまでも自己責任で行ってくださいというお掃除の方法を色々紹介しています。

しかし、エアコンの掃除に関しては業者のおそうじ専門家の方がコスパが良いと思ったためその理由や内容を紹介します。

自分でエアコン掃除をするやり方

私も初めはエアコンの内部を自分で掃除しようと思い、周囲が汚れないように養生し、内部の汚れをかき出したり、汚れを洗い流すような道具を色々使い頑張ってみました。

実際に自分でエアコンを掃除するために使った道具たち

エアコンを掃除する方法を色々調べている中で、最も簡単に掃除できそうな方法は高圧汚れを洗い流すことでした。しかし経験場高圧洗浄機はとても水圧が強いため、エアコンの内部の冷却フィンや、その他細かい部品が折れ曲がってしまったり吹っ飛んでしまったりするのではないかと懸念しました。現実的なところ、以前このブログでも紹介したことがある水流で歯間の掃除をするフロス「ドルツ」を使えばギリギリいけるのではないかと考えました。

ドルツを使って自力でエアコン掃除をした結果

エアコンの内部を掃除する時に、一番汚れやカビが溜まっているのは、エアコンの中でグルグル回っている筒状の羽です。エアコン掃除の様子を映像で見ると、取り外せるフィルターのすぐ奥にある銀色の金属のあみあみのところに、エアコン掃除用のいい感じの洗浄機でいい感じの水流吹き掛けている様子が映ることが多いです。
しかし自分でよく確認してみたところ、確かに5年以上一度も掃除せずに放置した場合には銀色のあみあみが茶色いカビカビになっていたりしますが、そこまで汚れるものじゃないということに気づきました。むしろ、エアコンで最も汚れる場所は内部でぐるぐる回っている筒状の羽でした。

エアコンの中の筒状の羽には専門清掃器具以外届かない

エアコンの中の筒状の羽になっている部分は、うまく説明できないのでのですが鳥かごのような構造になっています。目視で確認できるものは、水をかけなくても吹き飛ぶことなどもギリギリ可能なのですが、その裏側は普通の器具では届きません。ドイツを使って少しずつ水をかけましたが、黒いカビたちが飛び散るばかりで、汚れを広げてるような印象でした。ここで時間をかけても自分の力では綺麗に出来ないと諦めて、エアコン清掃業者を探したのでした。

エアコン掃除の一台あたりの費用の相場

エアコン掃除1台当たりの費用についてですが、高い業者があれば安い業者もあるというのがわかりました。費用の相場を見てみると1台当たり安いと6000円くらいから、高いと25000円くらいまでありました。私はまだたのが初めてなのですが、安い業者だからといって掃除が雑かと言われるとおそらくそうでもないような気がします。おそらくエアコン掃除の単価が安い理由は、安いながらに数をこなしていこうと言う戦略で営業しているためと思います。

ネットなどで調べてみてもやはり一番安い業者は予約が取れるのが2週間後になってしまったりするようです。

実際にエアコン掃除を依頼してみた感想

エアコン掃除で外枠を取り外したところ

自分でエアコン掃除をすることを諦めて初めて業者に依頼をしてみました。子供もまだ小さいので、あの黒カビたちをこの目で見てしまうと黒カビを放置して子供に浴びさせることは私にはできませんでした。今回はリビングと寝室の2台のエアコンを依頼しました。なかなか汚れているものです。。。

素人のエアコン掃除と業者のエアコン掃除の違い

素人のエアコン掃除と業者のエアコン掃除の違い

実際にエアコンの掃除を始めて生で見ることになり、1度道具の使い方や掃除の手順を見れば、次は自分でもできるのではないかと考えていました。
しかし、実際に業者のエアコン掃除を目の当たりにし、「これはエアコン掃除専門業者に依頼した方が明らかにいい」という感想を率直に抱きました。
なぜかと言うと、専門業者が使っている高圧洗浄機(実際には中圧洗浄機ぐらいの水圧)が、気になっていた筒状の羽の内部の汚れを完全に洗い流していたからです。また、素人のエアコン掃除では練度が高くないとできないであろう、一部部品の分解にも対応し、隙間に詰まっている汚れまできれいにしてくれたからです。
結局、自分で掃除した気になっても、中の方に黒カビなどが詰まっている状態では、なんとなく嫌な気持ちがしたままシーズンを過ごすことになります。

エアコン掃除をするかしないかは気持ち次第

業者のエアコン掃除で出た汚れた水

さて、エアコン掃除は業者に依頼した方が綺麗になるということを珍しく伝えましたが、的にはエアコンが汚くても気にしない人は別に気にしないというのが結論です。掃除の業者や、製薬会社などからすれば、汚れたエアコンから出てくる汚染された空気で特殊な肺炎に感染したりするリスクがあると言われます。車のカーエアコンなどもそうですが、エアコンにカビはつきもので、当然カビを吸い込み続けるのは健康に良くないのは誰でも納得すると思います。それでも、気にしすぎだと思う人もいますし、エアコンの僅かな汚れも許せないような人もどちらもいます。カビによる疾患が発症するかどうかもわからないって言えば分からないものです。
ただ、私としては8000円程度でなんとなく安心感が得られるならば、年に1度ぐらいはエアコン掃除を専門業者に行ってもらおうかなと思いました。

 

この記事を読んだ方はこちらもよく読んでいます