ドルツの使い方 水流

Panasonic ジェットウォッシャー ドルツ(Doltz)EW-DJ61-Wは口腔内に原因のある口臭対策・予防なら絶対おすすめ!

ドルツを購入して、2か月使用した感想です。

ドルツとは、パナソニックから発売された水流で口腔内をお掃除する機器で1万円くらいで購入できる優れモノです。

歯医者さんに行くとよく「お水で洗いますね~」と言われますが、それの家庭用です。

私は昔から口臭が気になっており、1月に1回は歯科に行き、口腔内の歯石除去やホワイトニングを行ってもらっていました。

特に肉料理を食べた次の日などにすごい口臭が強まるので、「きっと胃からくる口臭だろう」と思いこんでいました。

胃から出てくる口臭かと思っていたら、奥歯から発生の激臭

あるとき、デンタルフロスで一番奥の歯から、肉の筋のようなものを取ってみたのです。

すると、その臭いがとんでもなく臭い!!!!!

臭いの元は、粘膜に張り付いてしまっていると思いこんでいましたが、実は固形物でした…。

これを知って、必死に歯磨きをしましたが、すぐまた臭いが・・・

デンタルフロスは歯と歯の間の汚れは取れるが、歯周ポケットと親知らず周辺の洗浄はドルツの得意分野

デンタルフロスと歯磨きを一生懸命行っても、取れない部分があることに気付きました。

それは「歯周ポケット」です。

歯と歯肉の間の部分です。ここにたんぱく質系の食べカスが詰まっていると、バイオフィルムというネバッとした雑菌の温床になり、そこから毒素とともに臭いが…

勇気を出して思い切ってDoltzを購入!1万円の投資はいかに!?

Amazonで話題のDoltzを思いきって購入してみました。

じゃ~~~ん!!!!

ドルツのサイズは洗面台の収納にぴったり!

なんと、我が家の棚にすっぽりでした。(運命の出会いの予感…)

ドルツのサイズイメージ

驚きのストレートなジェット水流!!!

さて、600ml入る大容量タンクに水を入れて、真ん中の目盛を回すと「ぶーーーーーん」という音とともに、ホースがプルプルし始めました。

ドルツの使い方 水流

手元の切り替えを親指で入れると、勢いよく水が!!!!

写真では分かりにくいですが、まっすぐに出ています!

ドルツジェットウォッシャーの使い方

口の中が洗われてる!!!気持ちいい!!!

 

600mlのタンクにいっぱい水を入れて、約2分。

奥歯を中心に歯茎や歯間を意識しながら洗っていきます。

これが一部はちくちく痛み、その他は気持ちがいいです。

歯医者さんに聞いてみると、ちくちくするところは歯肉炎だそうです…。歯肉が減ってしまって、歯が出てきてしまっているから痛むのだとか・・・

ドルツで奥歯を掃除すると、親知らずや奥歯から固形物がポロポロ…

実は私は親知らずが残っていて、抜いたほうがいいよと昔言われていました。

素人が見ても変な方向にはえているため、確かに…と思いながら時が過ぎました。

まさか、この部分にこんなにも隠れた食べカスが詰まっていたなんて・・・(>_<)

家族に口臭チェックを頼むと、全く口臭が無くなったと…!口臭対策・予防効果は絶大!歯肉炎も。

もちろん掃除してすぐは口臭は無いですが、これが1時間後でもほとんどしないと家族にも驚かれました。

なんていうか、ホント自信が持てました!!!

口臭予防におすすめです!特に、親知らずが有る人は、歯ブラシでは届かない所に汚れがたくさんあるかも知れません。

まずは歯医者さんが一番ですが、ドルツで奥歯掃除をしてもデメリットは少ないです!

むしろサッパリ!臭いしない!気持ちいい!というメリットがいっぱい!

追伸

やり過ぎると、歯肉が傷つくそうですので、600ml分以上はしない方がいいかも!

1万円で口臭の悩みから解放されて、私は満足です。パナソニック様、さすがです!

この記事を読んだ方はこちらもよく読んでいます