おすすめ記事
アクアビーズが楽しい!鬼滅の刃やすみっこぐらしのキャラをくっつくビーズで作れる!

アクアビーズはエポック社から発売されている水でくっつくビーズのおもちゃです。ビーズどうしが水でくっつく原理は、切手についてるのりと同じで濡らすとくっつく成分がついているからだそうです。

アクアビーズはエポック社から発売されている水でくっつくビーズのおもちゃ

アクアビーズの作り方は、イラストシートの上に色のついたビーズを並べて、霧吹きで水をかけるとビーズ同士がくっつくので、それで可愛いデザインや、アニメのキャラクターなどのキーホルダーや小物が作れるというものです。

アクアビーズは何歳から遊べる?

アクアビーズは、2ミリぐらいのBB弾のような小さなビーズ

アクアビーズの対象年齢は6歳以上となっています。アクアビーズは、2ミリぐらいのBB弾のような小さなビーズなので、1歳や2歳3歳ぐらいまでだと、チョコレートのお菓子か何かと間違えて食べてしまう可能性がかなり高いと思います。またエポック社の公式ホームページや商品の取扱説明書でも念入りに書かれていますが、耳の穴や鼻の穴などに言うてしまうと自力で取り出すことが困難になることもあるため、医療機関を受診して手術ので取り除かないといけないこともあるかもしれません。5歳位になると折り紙などの細かい作業もするようになりますし、女の子の場合には特におしゃれなアクセサリーを作ったりしたくなる時期ですのでアクアビーズを欲しがることも多いと思います。2歳3歳ぐらいの小さい兄弟がいる場合には取り扱いに十分注意したほうがいいと思います。

アクアビーズを初めて購入する時に必要な物品

アクアビーズを初めて購入する時には、必要なものがついているスターターキットのようなものもあります。おもちゃ売り場に行くと、アクアビーズのコーナーに「鬼滅の刃」「すみっこぐらし」「ディズニープリンセス」「ポケモン」「あつまれどうぶつの森」などの子供が大好きなキャラクターのアクアビーズのセットが売られているのでそこからアクアビーズに興味を持つ人も多いと思います。
値段が1200円ぐらいで販売されている物には、イラストシートとそのイラストのキャラクターを作るために必要なビーズが入っているだけです

初めて購入する時には、ビーズとイラストシートのほかに以下の3点がある方が良いです。

アクアビーズを初めて購入する時に必要な物品
ビーズトレイとアクアビーズペン
  • (必須)ビーズを並べるために必要なビーズトレイ
  • (推奨)ビーズを並べる作業をやりやすくするためのWアクアビーズペン
  • (推奨)まんべんなく水をかけるための霧吹き →100均の霧吹きで代用可能

アクアビーズの鬼滅の刃バケツセット

鬼滅の刃は子供の間でもとても人気が高くなっているので、鬼滅の刃バケツセットを見てアクアビーズを欲しくなる子もいると思います。このバケツセットにはアクアビーズで作品を作るのに必要な霧吹きやビーズトレイも入っているので、バケツセットを購入すればすぐに遊べるセットです。プレゼントにするときなどにはバケツセットがおすすめです。

初めてアクアビーズをする子におすすめなのはスタービーズデビューセット

スタービーズデビューセットは、アクアビーズをする時に必要なビーズトレイ、霧吹きスプレー、動物などのイラストシート、ビーズが1200個入っていてアクアビーズですぐに遊べるセットです。アニメや漫画のキャラクターとコラボしているわけではないので、どんな子でも無難に楽しめると思います。自分で作ることが楽しくなってきた子供にプレゼントにする場合にははずれがないおもちゃだと思います。

アクアビーズは子供の集中力や自分で作る喜びを感じるおもちゃ

アクアビーズはわずか2ミリぐらいのビーズを専用のトレーに上手に並べていくことで、かわいいキャラクターやデザインなどをを作ることができるおもちゃです。子供の手先が器用になるだけでなく、自分で好きなイラストシートを選んで、カラフルなビーズを自分で並べて、自分で霧吹きをかけて、楽しみながら作品を作ることができるので、子供の成功体験や集中して作品が出来た時の喜びを感じることが出来る素敵なおもちゃ(知的玩具?)だと思います。

対象年齢は6歳以上ですが、親がしっかり見守りながらであれば5歳ぐらいでも指先を鍛えたり集中力を高めるのには良いおもちゃだと思います。間違えて食べてしまったり耳に入れたりしないようにだけは気をつけて親子で一緒に楽しんでいけたらいいですね。

この記事を読んだ方はこちらもよく読んでいます