おすすめ記事
36色トンボ鉛筆の色鉛筆で子どもが急成長!12色より表現力豊かに

幼稚園児のトンボ鉛筆の36色入りの色鉛筆セットをネットで購入し、 私も子供もとても気に入ったので紹介したいと思います。

100円ショップのでも色鉛筆を していますが12色入りが多いんですね。 子供が遊ぶだけだからと12色だけしか用意していないと、子供の表現力が12色の世界観に限られてしまいます。

今までは、色鉛筆は100円ショップで調達して 12色だけでお絵かきで遊ばせていたのですが、 子供たちがすごく熱心にお絵描きを楽しんでいるので 、毎回しっかり片付けることを条件に36色入りを買ってあげました。

トンボ鉛筆の36色入りの色鉛筆に入っている色

トンボ鉛筆の36色入りの色鉛筆に入っている色

36色あると色々な色が入っていますし、 大人の色の名前が覚えられて勉強になります。

36色:きいろ・きみどり・みどり・みずいろ・あお・むらさき・ももいろ・あか・だいだいいろ・うすだいだい・ちゃいろ・くろ・しろ・やまぶきいろ・おうどいろ・ふかみどり・ぐんじょういろ・すみれいろ・あかむらさき・しゅいろ・こげちゃいろ・ねずみいろ・ぎんいろ・きんいろ・れもんいろ・ときわいろ・まつばいろ・なんどいろ・あおみどり・うすあお・あいいろ・ふじむらさき・ふじいろ・べにいろ・うすべにいろ・あかちゃいろ

鮮やかな発色、優れた定着性、なめらかなタッチの高品質色芯のトンボの色鉛筆は、 緑や黄色などの色にも淡い色から濃い色まで表現がとても豊かにできます。

色鉛筆2色の名前がひらがなで書かれているので色の名前を覚えるのにも最適

色鉛筆2色の名前がひらがなで書かれているので色の名前を覚えるのにも最適

トンボ鉛筆の色鉛筆は色鉛筆としての品質が良いだけでなく、色鉛筆に 日本語のひらがなで何色という色が全部書かれているので、あまり見られないような色の名前を自分で覚えることができるということも購入のメリットのひとつです。

やまぶきいろ、おうどいろ、あいいろなど、 12色の色鉛筆では出てこない色の名前を知ることができるので、 それだけでも子供の知識が増えますし 表現の幅も増えると思います。

親子でお絵描きする時にも36色あると大人らしさを見せられる

親子でお絵かきをしていると「 パパ、⚪⚪の絵を描いて~!」といわれることが良くあります。 そんな時に大人として 上手だな と思わせる絵をビシッと書いて 子供を刺激したいと思うのですが、 12色の色鉛筆だと 表現の幅が少なく子供に 本物みたいな絵を書いたりして見せるのは難しいです。 大人がお絵かきをするにも12色の色では表現の幅が狭いと感じるのですから、 子供は12食なりに工夫して楽しんでいますがやはり多ければ多いだけ表現が豊かになると思います。

12色の色鉛筆から36色の色鉛筆に変えたメリット

最後に、12色の色鉛筆から36色の色鉛筆に変えて どんなメリットがあったかについて紹介します。

細かいこと抜きに36色の色鉛筆で絵を描くようになってから絵が非常に上達しました。

洋服の色や髪の毛の色、葉っぱの色など、 12食の時には子供の下手なという感じでしたが、 36色自由に使えるような環境に変えただけで表現が非常に豊かになり色彩が大人のようになりました。

子供が自分で光が当たってるところは明るくて、影になっているところは暗くなっているという違いに気づくこともありました。

人の顔を書く時にも 出っ張っている部分とくぼんでいる部分で色がちょっと違っていることや、 肌色(トンボの色鉛筆ではうすだいだいいろ)にも 色々な色があり人によって少しずつ違うということにも気づいて描く人によって微妙に変えたりしだしました。

子供の成長にはアウトプット がとても大切だと感じました。 12色の色彩でのアウトプットしかしてない時には表現するのも12色の表現でしたが、 36色のアウトプットができるように環境を整えたら 子供が吸収できる情報が増えました。

親としては非常にためにという気づきでした。

もし俺様がお絵かきが大好きの場合には、 色鉛筆やペンなどのカラーは豊富に用意してあげて、 色々な色で表現させてあげられるといいと思います。 手始めに36色の色鉛筆はお勧めです。

12色の色鉛筆から36色の色鉛筆に変えたメリット

今回買った36色の色鉛筆が削り続けて短くなった時にはもっと多くの色の色鉛筆を買おうと思っています。

ちなみに余談ですが私は色鉛筆を鉛筆削りに削らずカッターナイフで自分で削りをにしています。

カッターナイフで削るだけ 子供が成長しているのだとすごく感じられて、毎回削るのが楽しみです。

今は落書き帳をとても安く買えるので 落書き帳は極端に無駄な使い方をしない限りは好きなだけに使わせています。

簡単な鉛筆を削るのは私の趣味の範囲ですが、色々な色が入った色鉛筆はお勧めですので是非考えてみてください。

 

この記事を読んだ方はこちらもよく読んでいます